2011年05月28日

ブルーレイディスクの落日は、人間の落日への恐れの表れ

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


3ヶ月ほど前の東洋経済新報社の
落日のブルーレイディスク、変容する記録メディア
という記事を興味深く読みました。
ハードディスクの躍進(大容量化、低価格化)、
CDやDVDが登場したときのような“追い風”に恵まれなかった、
といった分析は正しいとは思ったのですが、
何かが欠けているという思いが頭を離れずにいました。

それは、語るなら記録メディアではなくまずは再生メディアの面だろう、
ということです(レンタルの話も記事に少し出てきましたが)。
再生メディアとは、すなわちレンタルBDとセルBDです。

再生メディアとしてもやはり普及の鍵はコストでしょうが、
その他の大きな理由として、
ブルーレイディスクの売りである「高画質」を
人々はさほど求めていない、ということが
挙げられるのではないでしょうか。

確かに美しいものはより美しく見たい、けれど
その反対のものまでもBDは如実に再現してしまう。
液晶テレビやプラズマテレビ自体の高画質化と巨大化も
美しくないものの再現に一役買ってしまいます。

ブルーレイディスクで鑑賞することになるのは
多くの場合、自分の姿ではなく、芸能人の姿でしょう。
しかし、DVD程度の画質では40代・50代になっても
若々しさを保っていると思っていた役者やアイドルが、
BDで見てみるとシワやたるみ、肌の劣化を認めないわけには
いかないのです。

もちろん、その時々のシチュエーション(メイクや撮影技術)にも
左右されるでしょうが、例えばしゅうたろうは、
世界陸上の司会者としては最近でも若々しい織田裕二さんが、
『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』では
とてもくたびれた外見で悲しくなりました。
これは映画館での感想ですが、BDで見てしまうと
もっとショックを感じると確信しています。

つまりは、アンチエイジングを求める日本人の一人として、
若さを保つための知識や技術を多く持っているはずの
芸能人ですらこの状態なら、我々一般人はどうなってしまうのか、
というショックです。

BDから逃げても解決することではないのですが、
わざわざ踏み込んでいく必要は、今のところ、ないかなと。

posted by しゅうたろう at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

『100,000年後の安全』のフィンランド・オルキルオト島って、どこだ?

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


福島原発事故で揺れる日本で話題になっている映画に、
フィンランドで建設中の原発の放射性廃棄物処理場をテーマにした
ドキュメンタリー映画100,000年後の安全があり、
単館映画として日本各地で予定より半年近く繰り上げで放映(緊急公開)
されています。あるいは今後予定している地域も多くあるようです。



この映画の舞台のフィンランド・オルキルオト島について、
日本の多くのサイトでは首都ヘルシンキから「西へ約250km」と
紹介しているのですが、実際地図に接してみたところ見当たらず、
よくよく調べてみると、「北西」でした。

地理や施設の概要についてはこちらのサイト、
「HLW処分等:諸外国の状況 > フィンランド > 1.処分の進捗:」

最も有益かと。

Olkiluodontie.jpg

ところでこの映画、中立的な立場で淡々と描くスタンスというのは
良いのですが、75分という短時間にも関わらず、冗長で眠かったです。
しゅうたろうは問題意識を持って、それなりに睡眠時間も確保して
鑑賞に臨んだというのに、ところどころで睡魔に襲われました。

45分程度の内容に、無理矢理同じような内容や音楽を詰め込んで
延ばした感じがしました(その割に字幕が出てくる箇所は
早く消えてしまって読みきれなかった・・・)。
しゅうたろうの「慣れ」のせいか、NHKの45分のドキュメンタリーの方が
構成は上手いような。
マイケル・マドセン監督(同名の役者とは別人)の
これまでの経歴を見ると映画作品はあまり経験が無い模様。
10万年後の人類(それとも別の知的生命体か)も
眠くなるような作りじゃ、メッセージがちゃんと届きませんぜ。

posted by しゅうたろう at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

『恋のから騒ぎ』・・・最後の最後で驚かされたのは、顔を洗顔フォーム以外で洗わないという男性の多さだった

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


東日本大震災のために休止となっていた、
『恋のから騒ぎ』の最終回、
すなわち17期生の「ご卒業スペシャル」が
先週3月25日に2週遅れで放送されました。

開始当初から10年くらいは欠かさず見ていましたが、
5年ほど前からは、出演者たちが類型的になって
素人らしさがなくなった気がして、また、極端にずば抜けて
面白い素人が居なくなったので、ほとんど見なくなっていました。

でもやはり、素人のトーク番組で17年も継続できた
明石家さんまさんは偉大だったと思い、最終回を見届けました。
ちなみに、しゅうたろうの最も印象深いメンバーは
やっぱり宝満円(ほうまん・まどか)さんですね。
ホーマンの個性だけでなく、彼女の出身地の鈴鹿市に
しゅうたろうも住んでいた時期があったので、注目していたのです。

ところで、この最終回、放送が延期になったにも関わらず、
しゅうたろうの見た限り、日本テレビの公式サイトには最後まで
放送予定に関する情報が載らなかったようです。
長年、日テレの土曜の深夜(最後は金曜に移動したが)を支えた
番組に対してあまりに失礼じゃないですか。
問合せが一件もなかったとはとても思えない。

さて、この中の名場面集でしゅうたろうにインパクトを与えたのが、
風呂でボディーソープで髪まで含めて全身を洗う男がいるという話から、
さんまさんが「顔まではボディーソープで、頭はシャンプー」と応じ、
それに対し恋からメンバーやゲストの押切もえさんの周辺の男性をはじめ、
収録現場のスタッフまでもが顔は洗顔フォームで洗うと発覚し、
さんまさんがショックを受けたというエピソード。
その洗顔フォーム愛用者には菅賢治プロデューサーまで!
さんまさんと同じ流派(?)のしゅうたろうは、
さんまさんと同じかそれ以上に度肝を抜かれてしまいました。

では、家庭の洗面所でも当然ハンドソープと洗顔フォームを
使い分けているんですよね?
そして会社など出先で顔を洗いたい場合は、ハンドソープは使わず、
自前の洗顔フォームで洗うか、持っていなければ洗わないか、
または水のみ洗いで我慢するということですよね?

「ホンマでっか!?」

化粧をしていないはずの男性が、顔と顔以外の皮膚をケアする上で
そんなに気を遣わないとダメなんですか?
しゅうたろうはよく会社のトイレの液体石鹸で顔を洗っていますが、
そのたびに恥をかいていたの?
でもしゅうたろうは、自慢じゃないけど顔の肌がキレイらしく、
たいてい7〜10歳くらい若く見られるんですけどねえ。
極端な例では、同級生とその同級生の小さい子供たちと一緒に
個人経営のレストランに行った時、
店主は、しゅうたろうもその同級生の
子供の一人だと思ったそうです。
だけど、これから考えを変えないといけないのかなあ・・・。


 

それにしても、洗顔フォーム派の人たちは、
耳も洗顔フォームで洗うのかしらん?
 
posted by しゅうたろう at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

ACジャパン ― 「使っていない電化製品のコンセントは抜いておこう」・・・コンセントを抜く?

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


東北関東大震災の影響で民間企業がCMを自粛し、
ACジャパンのCM一辺倒になった日本。
そのヘビーローテーションぶりと内容が被災にそぐわないという、
ACジャパンは関与していない点で批判が殺到し、
Webサイトで謝罪するはめになりました。

と同時に、早急に震災・復興に関連したCMを作ることを表明し、
ようやく先週あたりから始まりました。
その中の一つが、「今、わたしにできること」編。

災害時の連絡方法を決めることや、
不要な物の買いだめをやめること、
デマに惑わされないようにすること、
などと共に提言されているのが、
「使っていない電化製品のコンセントは抜いておこう」。

コンセントを抜く? 
コンセントを抜くとコチラのサイトにあるように、大変なことに
なってしまいますよ。電気工事士の資格も必要なようだし。

とツッコむ内容のブログを書こうと思っていたら、
今日CMを見てみると、
「使っていない電化製品はコンセントから抜いておこう」
表現が変わっていました。
今回の対応は素早かった?
ただ、「プラグを抜く」という表現に変えちゃうと、
今までが間違いだったことがあからさまなので、
こっそりと最小限の修正にとどめたのでしょうか。

いずれにしても、ACのCMに対して偽善的とか上から目線とか
いった批判は今後も続くのでしょうね。
別にACジャパンの信奉者ではないけど、『CM NOW』(玄光社)を
愛読する、そこそこCMに愛着のあるしゅうたろうから言わせてもらうと、
「CMは時代を写す鏡」であると同時に、「自分を写す鏡」
ではないか、と。つまり、気になるのは気になるだけの理由が
自身にあるのではないかと思うわけです。

「こだまでしょうか、 いいえ、誰でも。」

posted by しゅうたろう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

ヤマザキ「春のパンまつり」一時休止の説明が分かりづらい

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


東日本大震災の影響を受けて、日本の春の恒例行事、
ヤマザキ「春のパンまつり」が18日から一時休止になりました。
もちろん、祭りというイベントを楽しんでいる場合じゃないから、
という冗談みたいな理由ではなく、パンの供給不足に関する
理由からです。ちなみに2chなどでは本当にショックを受けた人と
ネタとして盛り上がる人とで軽く「まつり状態」になっているみたいです。
よくよく調べてみると30年も歴史のある行事なので、それなりに
大事といえば大事ですね。

YamazakiHarunoPanmatsuri.jpg

しゅうたろうもなんだかんだでほぼ毎年1枚ずつ増やして、
結果、何枚も皿を持っています(形が一般的な皿と異なる
正方形や長方形の物は保管に困っていますが・・・)。
今年もシールを目標の半分まで集めていたので
店頭からシール付きの商品がまったく無くなった時は
驚きましたが、事情が事情なので当然我慢できます。
一時的な措置だということだし。

でも、頭の悪いしゅうたろうには、始め、
「電力等インフラが不安定であること、
加えて原材料の供給不足が懸念されることもあり、
現状のままキャンペーンを継続することが困難な
状況となってまいりました。 」

だけでは、継続困難の理由が伝わりませんでした。

つまり、パンまつりは原則として4月末までで終了なのに、
市場に出回るパンが減ると、すなわち市場に出回る点数シールが
減ると、本来その間にシールを必要点数分貯めることが
できたはずの人が、貯めることができないかもしれないので、
そういった状況を避けるために一時休止する、ということですよね?
終了時期は延長される予定と考えてよいはずですよね?
別にプレゼント用の皿の製造が追いつかなくなるというわけでは
ないですよね? もう皿の製造は完了しているはずですよね?

だけど、今回に関しては、この皿を被災者の支援物資に充てても
いいような気もします。まあ、コツコツとシールを貯めてきた人に
協力を強制することはできないでしょうが。

posted by しゅうたろう at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

こころづかいが見えるとか思いやりが見えるとかの前に、宮澤章二が宮沢賢治に見えた

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


未曽有の大災害・東北地方太平洋沖地震。
被害者の方々に心よりお見舞い申し上げます。
また、亡くなった方々に哀悼の意を捧げます。

民放テレビではようやく一般の番組も
再開されるようになりましたが、スポンサー企業には
自粛するところがまだまだ少なくなく、そこで出番となるのが
経済産業省所管の特例社団法人、
「ACジャパン(旧:公共広告機構)」のCM。

通常は深夜に時々見るだけだったのですが、
こんなにも多くの種類のCMを作っていたのかと驚かされます。
中でも印象的なのが、

「こころ」はだれにも見えないけれど
「こころづかい」は見える
「思い」は見えないけれど
「思いやり」はだれにでも見える

という、この地震を受けて急きょ制作されたわけではないのに、
助け合いが必要な今にマッチし過ぎているフレーズのあるCM。
宮澤章二という方の『行為の意味』という詩の引用ですが、
CMの中では作者名の文字のポイント数が小さいので、
パッと見、宮沢賢治に見えてしまいました。
そして、宮沢賢治が作ってもおかしくないような詩じゃないですか?
ネット上では本気で勘違いして宮沢賢治の詩と紹介している人も・・・。

宮澤章二
大正8年(1919)6月11日、埼玉県羽生市生まれ。
高校教諭を経て文筆業(詩と歌詞)に専念。
2005年3月没。 

このCMに感化されたのか分かりませんが、
しゅうたろうもポイントサイト「お財布.com」経由でコツコツ貯めてきた
Tポイントから、1,484円分を募金してしまいました。
しゅうたろうの財政状況からは破格の金額です。

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

その気持ちをカタチに。 by AC(エーシー)
 
posted by しゅうたろう at 00:53| Comment(1) | TrackBack(0) | CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

「コクがおいしいミルクココア」・・・キャラメルをからめることの幸せ

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 





いつから「新登場」したのか知りませんが、
明治製菓のキャラメル風味のココアを
しゅうたろうは昨年末から愛飲しています。
「キャラメルのようなミルクの味わい」と銘打たれています。

それまでの調整ココアは、甘党のしゅうたろうには
物足りず、砂糖を何杯も入れていたのですが、
このキャラメル風味のココアは砂糖を足す必要がない、
健康にも有り難い、心地良い味わいに仕上がっています。

また、今頃になってココアにマシュマロを加える妙味を覚え、
実践しています。溶かすと見た目がカプチーノみたいです。

Marshmallows_in_Cocoa_.JPGMarshmallows_in_Cocoa_2.jpg

特にイチゴ味のマシュマロとの組み合わせは抜群で、
まるでグリコ「カプリコ」イチゴ味のような食感になります。
オススメです。
posted by しゅうたろう at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

「伊達直人」現象って、サンドウィッチマン・伊達みきおさんとは無関係なんですね?

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


漫画『タイガーマスク』の主人公「伊達直人」や、
その他のキャラクター、はたまた龍馬などの偉人の名を名乗り、
全国の児童施設に贈り物が届けられている「伊達直人」現象。

まあ、悪いことではないし、これを真似することで何か
詐欺などに発展する可能性も低いのかな・・・?

これに便乗して、サンドウィッチマン・伊達みきおさんを
名乗ってサンドイッチを贈ってはどうでしょう?
しゅうたろう的には面白いのですが・・・。
この場合、腐らないように注意が必要ですね。

あるいは、逆に(?)、プロレスラーの初代タイガーマスク、
佐山サトルさんが、しゅうたろうと同じで甘いモノ好きなために、減量に苦労しているそうなので、
佐山さんにダイエット本などを贈っても話題になるかも???

posted by しゅうたろう at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

ダイソーの甘い誘惑

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


甘い物に目がありません。
が、ありあまる富を持っているわけではないので
安くて量が多いものにしか手が出せません。
それでいて美味しい、という条件。

それらを満たす物が、100円ショップ「ザ・ダイソー」に
ありました。正式な商品名はよく分からないのですが、
「自然派良品 ミルク&チョコクッキー」と、
「自然派良品 チョコ&バニラクッキー」と
袋に書いてある二種類のクッキー。
クリーム(ペースト)をクッキーでサンドするタイプです。
原産国が、よく見る中国とか韓国ではなく、
中東のオマーンというのも何とも魅惑的!

Shizenha_ryouhin_01.jpgShizenha_ryouhin_02.jpg

これが、まず、値段の割に量が多い。
しゅうたろう調べでは、普通、クッキーとかビスケットは
105円では100g前後なのですが、これは180gくらい。
もちろん、同様のサンドイッチ型でも、180gオーバーで
100円前後のものもいくつか存在しますが、
そういうのは大抵、クリームにはそこそこ味があるが、
クッキー部分が味気なかったりするもんです。
けれどこのクッキーは全然そんなことない。
そして、そんな量の多さも当然影響しているでしょうが、美味しい。
美味しくてたまらない。合成料・着色料の不使用をうたっていますが、
実は使用していたとしても、美味しい物は美味しい。

また、1袋の中に4個(クッキーの枚数だけでいえば8枚)ずつに
小分けに包装されている親切さで、食べ過ぎることがない。
と言っても、しゅうたろうは大体「かっぱえびせん」以来の
”やめられない止まらない状態”で1袋をたいらげてしまうのですが・・・。

そんなわけで、この商品を発見してしまった先月は、家計簿上、
今までの3倍くらいお菓子代が計上されてしまい、本末転倒な状態です。
しかし、しゅうたろうの近隣の店から消えない限りやめられそうにない・・・。

posted by しゅうたろう at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

AKB48のブレイクの功労者は、藤森慎吾withあやまんJAPAN?

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


今年の音楽業界は完全にAKB48のものでしたね。
オリコンの年間シングルランキングでは1位と2位を獲得し、
握手券などで一人の人間に何枚も買わせる「AKB商法」に
批判が集まりながらも、凄い売上枚数です。
また、TOP10はAKBが4曲、嵐が6曲だそうで、
2組のアーティストだけで占めるなんて、
この価値観が多様化した時代にあって信じられない事態です。

もう一つAKBについて批判的に語られることに、
「人数が多すぎて名前が覚えられない」というのがあり、
しゅうたろうもそう考える一人でした。
しかし、「団体芸」として見た場合、なかなか面白いではないか、
個人個人の名前や顔は意識する必要はない、と考えを改めました。
その転向(?)日はハッキリしていて、『ショーバト!』という、
ロンドンブーツ1号2号とチュートリアルが司会のネタ見せ番組で、
藤森慎吾さん(オリエンタルラジオ)とあやまんJAPANが
『ポニーテールとシュシュ』の曲に乗せて
チャライ合いの手を披露してくれたのを目にしてからです。
調べてみると放送日は8月3日でした。

とにかく大勢の人間がノリノリで楽しんでいる姿を見るだけで
楽しい、そしてAKBの曲はそれに適している、ということで
しゅうたろうの中でAKBの見方が変わってしまった、
すなわち評価が上がってしまったのです。

ところで、あやまんJAPANって? 知らない方は
「ポイポイポイポポイポイポピー」で検索してください。
あやまんJAPANに紅白歌合戦でAKBとコラボしてほしいけど、
まあ無理でしょうね。あやまんJAPANの方が目立ってしまうから。

posted by しゅうたろう at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。