2015年06月19日

「割愛」の誤用に見え隠れする傷つきたくない心理

「割愛」という言葉には、本来は、
「惜しいと思うものを、思いきって捨てたり、手放したりすること。」
という意味がありますが、もっぱら省略するという意味で
使う人が増えている、つまり誤用する人が増えています。

特にテレビを見ていると、
「駄目なもの、面白くないものをカットする」という
ニュアンスで使われることをよく見ます。


言葉は生き物なので今後どうなるか分かりませんが
現時点では誤用です。

この誤用が増えた背景には、何かを省略する際に
割愛の「愛」というプラスのイメージのある言葉を
加えた上で行なうことで、
その行為を正当化する意図があるように思われます。

それは逆に言えば、
自分が傷つきたくないという心理の表れかもしれませんが。

posted by しゅうたろう at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

日本人の平均寿命(≒平均余命)の語呂合わせ

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング


平成20年簡易生命表より(平成21年7月16日発表)
・男の平均寿命は79.29年(過去最高)
・女の平均寿命は86.05年 (過去最高)

しゅうたろうとしては小数点以下は覚えなくてもよい。

大往生でも身内が死んだら泣くやろ(79・86)

※大往生・・・(天命を全うして)安らかに死ぬこと。

「泣くやろ」は「泣くだろ(う)」の関西弁ですね。
いつまで使えるか分からない語呂合わせではありますが。


posted by しゅうたろう at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

「分かった」とそのように申されたのでございます。???

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング


先週、6月2日の民主党両院議員総会での鳩山前首相の辞任表明。
内容を精査してみると、誰に対して気を遣っているかといえば、
基本的に民主党内部や連立を組んだ社民党に対してであり、
やはり「国民不在」を痛感せざるをえません。
それが言葉遣いによく表れていました。

 
「残念なことにそのような私たち政権与党のしっかりとした仕事が
必ずしも国民の心に映っていない。
国民が徐々に徐々に聞く耳を持たなくなってきてしまった。
そのことは残念でなりませんし、
まさにそれは私の不徳の致すところと、そのように思っている」

後で「私の不徳の致すところ」と取り繕ってみても、
やはり「国民の方が聞く耳を持たなくなった」なんて、
責任の棚上げ極まりないですね。
それに、「国民」ではなく「国民の皆さん」と言うべきでしょう。
「社民党」には「社民党さん」と敬意を示していたのに。


先般2度ほど、幹事長ともご相談を申し上げながら、
「私も引きます。しかし、幹事長も恐縮ですが、
幹事長の職を引いていただきたい。
そのことによって、新しい民主党、よりクリーンな民主党を
作り上げることができる」と申し上げました。
幹事長も、「分かった」とそのように申されたのでございます。

「相談を申し上げる」という日本語も何だかヘンです。
相談は誰かと一緒にするものなのに、一方の側から言う?
さて、小沢さんに「恐縮ですが」と気遣いを見せる鳩山前首相。
しかし、小沢さんが「申された」とは、どんな日本語でしょう?
謙譲語に尊敬語をくっつけるなんて。
小沢さんに敬意を示したいなら「おっしゃった」でしょう。

誤用?「あなたが申された」

上記サイトによると、
“国会や会議用語としての「申される」は、
特殊な例外として考えられる”とありますが、
鳩山前首相がそれを認識していたとは考えにくいなぁ。
一つ前の文章で自分は「申し上げた」と言っているのだから、
相手の行為にも「申す」を使うことに違和感を感じるでしょう?


posted by しゅうたろう at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。