2011年05月28日

ブルーレイディスクの落日は、人間の落日への恐れの表れ

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


3ヶ月ほど前の東洋経済新報社の
落日のブルーレイディスク、変容する記録メディア
という記事を興味深く読みました。
ハードディスクの躍進(大容量化、低価格化)、
CDやDVDが登場したときのような“追い風”に恵まれなかった、
といった分析は正しいとは思ったのですが、
何かが欠けているという思いが頭を離れずにいました。

それは、語るなら記録メディアではなくまずは再生メディアの面だろう、
ということです(レンタルの話も記事に少し出てきましたが)。
再生メディアとは、すなわちレンタルBDとセルBDです。

再生メディアとしてもやはり普及の鍵はコストでしょうが、
その他の大きな理由として、
ブルーレイディスクの売りである「高画質」を
人々はさほど求めていない、ということが
挙げられるのではないでしょうか。

確かに美しいものはより美しく見たい、けれど
その反対のものまでもBDは如実に再現してしまう。
液晶テレビやプラズマテレビ自体の高画質化と巨大化も
美しくないものの再現に一役買ってしまいます。

ブルーレイディスクで鑑賞することになるのは
多くの場合、自分の姿ではなく、芸能人の姿でしょう。
しかし、DVD程度の画質では40代・50代になっても
若々しさを保っていると思っていた役者やアイドルが、
BDで見てみるとシワやたるみ、肌の劣化を認めないわけには
いかないのです。

もちろん、その時々のシチュエーション(メイクや撮影技術)にも
左右されるでしょうが、例えばしゅうたろうは、
世界陸上の司会者としては最近でも若々しい織田裕二さんが、
『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』では
とてもくたびれた外見で悲しくなりました。
これは映画館での感想ですが、BDで見てしまうと
もっとショックを感じると確信しています。

つまりは、アンチエイジングを求める日本人の一人として、
若さを保つための知識や技術を多く持っているはずの
芸能人ですらこの状態なら、我々一般人はどうなってしまうのか、
というショックです。

BDから逃げても解決することではないのですが、
わざわざ踏み込んでいく必要は、今のところ、ないかなと。

posted by しゅうたろう at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

世界でいちばん熱い夏

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング



今日、夕方、アパートに戻ると温度計が39.9度を表示していました
(後で確認すると39.9度が我が家の温度計の測定値の上限でした)。
この前の日曜日は、部屋の5ヶ所ある窓を全て開けて
扇風機をフル稼動させていたのに39.4度を記録しました。
つまり、アパートにエアコンを設置していないんです。
今までの夏はここまで暑くなかったので、
しゅうたろうは夏生まれのせいか、扇風機だけで堪えてこられました。
しかし今年はエアコン無しでは本当にダメかと・・・。

ただ、その前に、サーキュレーターを買ってみました。
扇風機の強力版です。
VORNADO(ボルネード)というアメリカの会社の物が評判が
良かったので、他社の類似品より高価なのに無理をして。
また、ギブアップしてエアコンを今後買うことがあったとしても、
サーキュレーターを併用すればエアコンの電気代を安くできるとのことで。
とりあえずはボルネードさまさまで、何とか生き延びています。

ところで、プリンセス・プリンセス(PRINCESS PRINCESS)の曲の
歌詞には、若者には意味がよく分からないけど魅惑的なカタカナ、が
けっこう使われていたように思います。
例えば『世界でいちばん熱い夏』では、
ステレオタイプ(紋切り型)」や「ジュブナイル(少年少女)」。
『Diamonds』では、「スカイスクレイバー(摩天楼)」。


 
posted by しゅうたろう at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

デジカメに1000万画素はいらない?

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


たくき よしみつ(著)
『デジカメに1000万画素はいらない』(講談社現代新書)
2008年10月発売


なかなかセンセーショナルなタイトルの本です。
売上も新書としてはベストセラーの4、5万部を記録しているそうで。
しゅうたろうも古本屋で見かけて衝動買いしてしまいました。

画素数は多いなら多いに越したことはないのではないか、という
考えを、著者のたくき氏は「色の階調が浅くなる」などと否定します。

Amazonの評価では、たくき氏を支持するものがある一方で、
考えが古い、専門家じゃない人の浅知恵(たくき氏は歌手・小説家
といった経歴をもつ方で、カメラは趣味の延長らしい)などと否定
するものもあります。

家電やPC関係は一般の人でも詳しい人はとことん詳しく、とりわけ
カメラにはこだわりをもつ人が多いので、反論もあるのでしょうね。
コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)1台で満足している素人の
しゅうたろうには、本の内容に
どれだけ誤りや不足があるのかよく
分かりませんが、朝日新聞に80回も連載してきた実績がある
のだから、それなりに読む価値はあると思います(権威に弱い?)。
初心者としては、手ブレ防止に首から掛けるネックストラップが
役立つということや構図の考え方だけでも、とても有意義でした。



ところで、最近は女性の間にもカメラが流行っているらしく、先日の
ニュースでは「カメラ女子」とオシャレな感じに採り上げられて
いました。特に人気があるのが小型・軽量化、操作の簡易化、
低価格化が進んできた「デジタル一眼カメラ(デジ一眼)」。

ただ、これらを一律に「デジタル一眼レフカメラ」と「レフ」付きで
紹介する傾向があるようで、先月8日の『アメトーーク!』SPの
「家電芸人」でも、レフの無いPanasonic社製の「DMC-GH1」を
一緒くたに「一眼レフ」と扱っていました。

余談ですが、「一緒くた」って「一緒くたん」と言うと思って
いませんでした? 「一緒くた」の「くた」の意味については
諸説あるようですが。

レフが有ると無いとではどんな違いがあるのか、先に述べた通り、
しゅうたろうは素人なので即答しかねますが、
こちらのサイトの「デジタル一眼だけど一眼レフじゃないカメラ」という
記事の解説が分かりやすいと感じました。

いずれにしても、カメラに詳しいはずのテレビ業界が
混同しているようでは、心配になってしまいますね。


posted by しゅうたろう at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

「1インチ=2.54cm」の語呂合わせを作ってみた

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


テレビやパソコンのモニタの大きさは、対角の長さを
センチメートルではなくインチで表現するのが通例ですね。
それで、1インチは2.54cmなのですが、自身が
それをよく忘れるので、語呂合わせを作ってみました。
誰かの何かの役に立てば。
もし既出だったらごめんなさい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

インチなので言葉をにごし(
2.54

あることに対して何か質問されたが、インチキだからはっきり
答えられなかった、というシチュエーションですね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ところで、Wikipediaの「インチ」の記事に、
“新聞などで「1インチ(約2.54cm)などという記述が
よく見られるが、「1インチ=2.54cm」は定義であるから、
これは正しくない。”

とあるのですが、しゅうたろうは頭が悪いので、この文章が
何を言いたいのかよく分かりません。
「約」が要らない……? 「定義であるから正しくない」……? 
どなたかご教示を。


posted by しゅうたろう at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

ダイソンが大層な発明! 羽のない扇風機「Air Multiplier」を国内発表

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


Dyson(ダイソン)は、羽のない扇風機、
「Air Multiplier(エアマルチプライアー)」を
11月2日に発売する。
25cm径、30cm径の2モデルが用意され、
希望小売価格はオープンプライス。店頭予想価格は
25cm径のモデルが37,000円前後、
30cm径のモデルが39,000円前後。

詳細記事→家電Watchより(2009年10月16日 18:30 )

発想が面白いし、着眼点がすごいですね。
羽が無いので、羽やプロペラケージ(
プロペラカバー)の面倒な
掃除が不要で、指が挟まる心配もない、と。

しかし、値段が高すぎる! 簡単には普及しないでしょうね。
でもこの理論が応用されて、また驚くべき発明に発展しそうですね。

ところで、扇風機って、扇状の羽があるからこそ「扇風機」?
ダイソンのHPでは「ファン(扇風機)」としているけれど、
「送風機」とすべき?

posted by しゅうたろう at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。