2015年06月16日

サービス接遇検定から考察する「サービスの本質とは何か?」

サービス接遇検定という、
「サービスに対する考え方や行動の型などを学び、
おもてなしの心とかたちを育てましょう」という理念を掲げる
「ビジネス系検定」の1つである資格が存在します。


これは、主に社会人になる前の高校生や大学生、
社会人になりたての若者が受検する資格ですが、
しゅうたろうの職場でも取得を奨励されていたので
先日、14日に2級を受けてきました。


資格取得がしゅうたろうの趣味の1つですが、
これは難易度は高くなく、1級以外は簡単です。
もちろん、合格は間違いなしですが
受検の際の段取りでいくつか不満がありました。

まず、開始前に受付があり、受検票と身分証を照合するのですが
しゅうたろうが受けた会場である大学では教室内で受付をしていて、
通路や入り口に行列ができてとても窮屈であり、
あわせて、受検前に長いと10分近くも並ばなければならない状況を
つくっていることに不満が爆発しました。

また、受付は教室内で2箇所あったのですが、
教室内の前半の受検番号は前の方、後半の番号は後ろの方で
確認するというアナウンスが徹底されていないものだから、
間違った列に並ぶ人が続出。

それに身分証として健康保険証を示した人に
「写真付きの物は持っていないのですね?」と
質問して時間を使うのは何のため?
健康保険証も有効なんでしょ?
だったら無駄に時間を使わないでよ。

簡単な検定ではありますが、受検前の数十分というのは、
受検者にとっては最終確認をしたい大切な時間ですよね?
10人程度しか受けない検定ならともかく
1教室でも100人、しゅうたろうが受けた大学だけでも
推定200人の受検者がいるそこそこの人気資格。
これなら、各受検者に事前に手間暇をかけさせることにはなるけど、
申し込みの段階で写真を提出させ、受検中に試験官が
本人確認して回るようにすればよいのでは?
そうしている試験・検定のほうが圧倒的に多いですよ。

そして、受検後の対応。
開始から1時間経つと、残り40分あるけれども
希望者は退室できるルールでした。
想定通り簡単だったので、しゅうたろうは1時間経過の
アナウンスと共に席を立とうとしました。

すると、「入口側の列の人から1列ずつです」だと。
なぜ!? おそらく、列ごとにマークシートを受け取ったほうが
試験官としてはマークシートの管理がしやすいからでしょう。

でも、窓側から2番目の列であったしゅうたろうは、
やはり簡単な検定であるので退室者が多いため、
10分弱も待たされ、イライラしました。

最終的にマークシートを受検者番号順に並べるために
もし早く終わった受検者50人が平均3分待ったとしたら
150分の時間を奪ったということを理解しているのでしょうか?

ランダムに提出を受け付けた場合でも、試験官が残りの受検時間や
受検終了後の時間で正しく並び替えても30分はかからないでしょう。

他にも、「退室者はマークシートを机に置いたままにして退室する」
という方法でも、楽に管理できるのでは?
今回の検定では裏表に解答欄があったので、
残った人がカンニングできる可能性はあるけれども。

とにかく解答に自信がある受検者はとっとと帰りたいんですよ!


サービス接遇検定のサイトにはこういう説明があります。

「サービス接遇」ってなあに?

「サービス」とは「相手に満足を提供する」ということです。
相手が快適であると感じるような世話とか,
相手が感じがいいと思うような言葉遣いで接するとかのことです。
この,相手に満足を提供する行動を「接遇」といいます。


今まで受検したいくつかの検定の中で
その「サービス」を一番実践していないのが
サービス接遇検定ということが非常に残念でした。

posted by しゅうたろう at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・検定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

簿記検定3級を諦めたわけじゃない

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング

 

しゅうたろうは約2年前、簿記検定3級合格を目指し、
資格学校に通い、合格への決意を表すためにも
ブログに経過を記録していっていたのですが、
どうにも理解できず、結局受検することなく、
また、仕事上でも必要なくなってしまったために、
簿記の勉強を放置した状態が続いています。

簿記検定なんて1週間の勉強で合格できる、という人が
いる一方で、しゅうたろうのように要領がつかめず、
苦しんでいる人もいるのでしょう。しゅうたろうのブログの
簿記の記事にアクセスする人が、つまり、不幸にも
引っかかってしまう人が、今も少ないですがいらっしゃいます。
そのような方々に有用なアドバイスができれば
どんなに良いかと思うのですが、残念ながら現状では、
ユーキャンが良いらしいですよ、ということくらい
しかアドバイスできません。気分が乗らない時には
GReeeeNの「歩み(ユーキャンの2009年CMソング)」でも
聴いて気持ちを高めて。


しゅうたろうも来年くらいには再開しようと考えています。
また、自分の興味があることに関する勉強をするのは
嫌いではないので、この2年の間にもいくつか資格を
獲ってはいるのですよ。

■秘書技能検定試験2級
■環境社会検定(eco検定)
■第一種衛生管理者 ※国家資格
■情報セキュリティ検定試験1級
■情報処理技術者試験(ITパスポート試験) ※国家資格


これらの資格は、合格率40%〜70%くらいと、
全然難易度は高くないですが、しゅうたろうの能力には
ちょうどいいのです。脳科学者の茂木健一郎さんも
言っていましたが、自分の現在の能力よりも少し難しいと
感じるくらいの勉強をするのが、人間の脳には最適な刺激、
そして喜びとなるのです、きっと。





posted by しゅうたろう at 18:57| Comment(1) | TrackBack(3) | 資格・検定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

簿記3級講座を、サボってしまった……

よろしければクリックを!  FC2&シーサーブログランキング


ども。

しゅうたろうのダメダメ日記です。
 
簿記3級講座は前回から的中答練というのに入って、
講座の2時間半の内、2時間を予想問題に取り組むという、
勉強していないものには苛酷でどうしようもない状況に
なってしまいました。
 
で、今日も的中答練の2回目、3回目の連続攻撃
待っているはずだったんですけど、
空しく苦痛な時間を過ごすのに耐えられず、
逃げてしまいました
 
今、考えいるのは、
講座に8割以上出席していれば、
もし6月の検定に落ちても、次の11月試験に向けての
講座に無料で出席できる
合格保証という制度があったな〜と。
 
 いやいや、まだ6月を諦めたわけでは……。

posted by しゅうたろう at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・検定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

簿記検定3級、全10回講義、終了!

よろしければクリックを!  FC2&シーサーブログランキング


4月に始まったTACでの簿記3級講座、全10回が

ようやく終了しました。
次回は総まとめ。
その後4回は的中答練という試験対策講義です。

本当に辛かった……。聴くだけで毎回バテた。 

今回も、あまり難しい論点じゃないなんて言いつつ、
精算表、損益勘定、再振替仕訳、繰越試算表などなど、
理解しがたいセンテンスが出てきたし!! 

結局しゅうたろうはゴールデンウィークも
全く勉強しなかったので、
現時点では合格の可能性0%です。

しゅうたろうはあのクラスの中で
一番合格に遠いんじゃなかろうか? 

これがどうすれば50%くらいにアップするのか?

勉強するしかないに決まってんだろー!

しかし世の中には英語検定3級だ、秘書検定3級だ、
色彩検定3級だ、ワープロ検定3級だ、といろんな3級が
あるだろうけど、簿記検定3級が一番難しいんじゃないの?

よっぽどの天才以外は、書いて身に付けるしかないから
通勤電車の中で 片手はつり革、片手は参考書なんてのも
あまり効果的ではないし。

まあ、通勤電車では立った状態だろうが寝てるだけの
しゅうたろうが仮定すべきことじゃないかっ━━━(*´人`*)━━━ 

そうこうしてる間に、会社では「会計太郎」なんてソフトを
覚えさせられ、「複合仕訳」っていう
素人泣かせの概念なんて出てくるし……。
(もちろん、会社でも毎日ダメ出しされてますヨ!)

とにかく、モチベーション高めるために、
これからの講義は土曜日だけじゃなく、
火曜と金曜の夜の部にも出席しようっと。

『最速短期合格に導く資格試験7つの勉強法』

小学生でも、今日からできる記憶術・速読術 「楽しくてたまらない今日からできる記憶法・勉強法」

超脳力らくらく勉強法 〜脳は使い方で決まる〜

posted by しゅうたろう at 23:30| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・検定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

簿記3級はいよいよ最後のテーマ、「決算整理」へ!

しゅうたろうが通常受講している土曜クラスは4月28日が休みで、
次回が5月5日なので、前回から2週間空くのはマズイ、と思い、
4月27日の金曜日の夜クラスで第7回目の講義を聴きました。


第7回〜10回までが決算整理で、
ここがいよいよ佳境です。

消耗品勘定や現金過不足勘定はまあまあ理解できたけど、
売上原価は少し難しいかなー。

とにかく「簿記は技術だ」と言われても、
やはり理屈が分からないと、技術には出来ないんだよね〜。
だったら理屈が分かるように勉強しろって話だろうけどさっ。 
 

ゴールデンウィークでどれだけ復習できるか、だな!!

posted by しゅうたろう at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・検定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

簿記3級のキモは「試算表」の作成!!

しゅうたろうはTACの簿記3級の全10回コースを毎週土曜に受講していて、昨日が5回目と6回目の授業でした。土曜クラスは1日2回分の授業なので、日数としては3日目ですね。

で、この前の2日目の時には25人くらい聴いていたのに、昨日は15人くらいで。
 
やっぱり、しゅうたろうと同じで前回が難しくて、昨日来なかった人たちは


投げ出しちゃったんじゃないかな〜。

何しろ、受講料は約1万5000円と資格講座としては安いほうなので、それが無駄になってもあんまり損した感じにならないんじゃないの?

とにかく、しゅうたろうは仕事で必要なので逃げ出すわけにはいかないのよねー。


昨日の講義のメインテーマは「合計残高試算表」。
時間をかけてみっちり作成しましたよ〜。
始めはこの作成に2時間くらいかかっても仕方ないんだって。
こりゃシンドイなあ〜〜〜〜〜〜〆(´;ω;`)
posted by しゅうたろう at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・検定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

簿記3級は約束手形と為替手形が命!

 簿記学校TACの講義によると、

簿記3級は約束手形と為替手形が超重要だそうです。


というわけで、その話が出てくる第4回目の
講義を先週土曜に続いて昨日、火曜日も受けちゃいました。

前回とは違う講師で、なかなか自分に自信をもっているタイプ。 
ちなみに前回の講師は慎重タイプ。 板書の文字も丁寧。


、一区切りつくたびに、


「簡単でしょ? 難しく考えないでくださいネ」

を繰り返されると、いちいち心の中で、


「うんにゃ!」


と叫んでしまう

しゅうたろう

独学でもダメ、
1回聴いてもよく分からん
から、ここに居るんだよ〜〜〜〜〜〜〜〜。


posted by しゅうたろう at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・検定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

日商簿記3級は簡単ですか?

仕事の関係で、簿記の知識が必要になりました。

しゅうたろうは以前から独学で勉強していたのですが、
ちっとも頭に入らないので、資格学校「TAC」に通うことにしました。

まずは基本の3級のコースなんですが……。

全10回の講義の4回が終わった段階なんですけど、 

やっぱり頭に入らん!!

さっき習ったことが、練習問題で
ちょっと文章の表現が変わると、
全く違うことを言っているようで
思考停止状態なんすよ。。。。。

周りの人に聞いたら「1週間の独学で合格した」とか
「3日で充分だよ」とか……。

6月試験なんだけど、
こんなんで受かるのかなーーーーーー???
posted by しゅうたろう at 05:27| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・検定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。