2010年08月16日

甲子園で終戦記念日の正午に黙祷しないとは・・・

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング



今年、第92回全国高校野球選手権では、
8月15日、終戦記念日恒例となっている、
正午のサイレンに合わせての甲子園球場での黙祷を、
12時時点が第2試合の準備の時間だったために行わず、
準備が終わった第2試合開始前の12時7分に遅らせて実施したそうです。

このことを後になって知ったしゅうたろうは、TVの甲子園中継の
サイレンが正午になっても鳴らないことにあたふたして、
慌てて日本武道館の中継にチャンネルを変えて黙祷したのでした。

大会本部の説明では、「大勢のファンが移動している時に黙祷で
動きを止めるのは事故が起きる可能性がある」とのことですが、
今まで試合を中断してでも実施していたのは、
正午という時刻(=玉音放送で終戦が宣言された時刻)に意味がある
からでしょう? それは甲子園球場に来ているほとんどの人も
知っているはずだから、数分前からアナウンスしていれば準備中でも
事故はほとんど起きないと思うのですが。

正午にこだわらないでよいのなら、今後は、試合中の、
攻撃や守りの流れを止めてまでの中断、すなわち試合結果まで
左右しかねないような中断をやめて、正午の後、
初めてスリーアウトになった後の、キリがいい時に黙祷をすべき、
という意見が出てきそうな気がします。


posted by しゅうたろう at 03:01| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやはや、読んでびっくり致しました!今年のことか過年度のことかわかりませんが、そんな時間をずらして黙祷を促すことがあったとは!でも終戦記念日なら正午に行わないと意味が無いでしょうに!ヒロシマの日も8時15分に行うから意味があるのです!終戦記念日のサイレンの効果音を仕事柄探して、しゅうたろう様のこちらの書き込みに遭遇した次第。知らなかった→驚いた旨をお知らせしたくてコメント致しました。
Posted by ふじゃがいも at 2012年10月17日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

甲子園 黙祷 注目選手
Excerpt: 走るクリス日記 いつの間に近くに来たるお盆かな 花たわわ日差し厳しき百日紅 朝顔の弦は右巻き駆け上る そう言えば昔はヨロン今セロン万機公論うたかた世論 (8・15) コンビニの公共料金収納の着服増えて..
Weblog: トレンドニュース速報
Tracked: 2010-08-17 15:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。