2015年06月19日

6月17日、選挙権年齢を18歳以上にする改正公選法が成立、そこで日本の選挙権年齢の歴史を復習する

選挙権が得られる年齢を引き下げて
18歳以上にする改正公職選挙法が、
17日の参議院本会議で全会一致で可決・成立しました。


【要点】
・来年夏の参議院選挙から適用される見通し
・選挙権年齢が引き下げられるのは昭和20年に「20歳以上」となって以来70年ぶり
・およそ240万人が新たに有権者に加わる
・有権者全体に占める、現在18歳と19歳の割合は、2.3%程度
・成人年齢は20歳のまま(検討課題)
・被選挙権は現状維持(衆議院議員25歳以上・参議院議員30歳以上)


そこで、今まで日本の国政選挙のの選挙権が
どんな変遷を辿ってきたか確認したくなったのですが、
なかなか分かりやすいサイトがヒットしませんでした。

交付年と初実施年が不明瞭なんですよね。
検索ページのけっこう下のほうにようやく見つけましたが。

日本の選挙権の拡大
選挙法
公布年
総選挙
実施年
有権者数と
全人口に
占める
有権者割合
有権者資格
1889年
(明治22)
1890年
(明治23)
45万人
(1.1%)
直接国税15円以上
納める25歳以上の男子
1900年
(明治33)
1902年
(明治35)
98万人
(2.2%)
直接国税10円以上
納める25歳以上の男子
1919年
(大正8)
1920年
(大正9)
307万人
(5.5%)
直接国税3円以上
納める25歳以上の男子
1925年
(大正14)
1928年
(昭和3)
1241万人
(20.0%)
25歳以上の男子
(戦前の普通選挙)
1945年
(昭和20)
1946年
(昭和21)
3688万人
(48.7%)
20歳以上の男女
(戦後の普通選挙)
出典:わが国の選挙権の拡大(静岡県総合教育センター)

その他、参考:


昨年、2014年の国立国会図書館の調査では
現在も20歳なのは日本のほか、5カ国・地域だけ。
21歳以上に関しても9カ国・地域という状況だそうで、
改正は当然の流れでしょう。

※Yahoo!ニュース経由なのでリンク切れが早いと思われます。


ただ、過去の改正と違うのは
新たに選挙権を得ることになる人たちが
あまり要求していなかったということでしょう。

高校生である18歳については
学校の後押しで投票率が高くなるかもしれませんが。

posted by しゅうたろう at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「割愛」の誤用に見え隠れする傷つきたくない心理

「割愛」という言葉には、本来は、
「惜しいと思うものを、思いきって捨てたり、手放したりすること。」
という意味がありますが、もっぱら省略するという意味で
使う人が増えている、つまり誤用する人が増えています。

特にテレビを見ていると、
「駄目なもの、面白くないものをカットする」という
ニュアンスで使われることをよく見ます。


言葉は生き物なので今後どうなるか分かりませんが
現時点では誤用です。

この誤用が増えた背景には、何かを省略する際に
割愛の「愛」というプラスのイメージのある言葉を
加えた上で行なうことで、
その行為を正当化する意図があるように思われます。

それは逆に言えば、
自分が傷つきたくないという心理の表れかもしれませんが。

posted by しゅうたろう at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

イオンカードセレクトのオートチャージによるWAONポイントはいつ付くの?

イオンやマックスバリュが近所に増えてきたことから
イオンのカードを持つことにしました。

そして調べていくと、中でもイオンカードセレクト
最もお得だという情報を多く見かけました。


そのメリットの1つとして
オートチャージでポイントが貯まる
という点がよく挙げられています。

それと、カード作成と同時に開設するイオン銀行の
普通預金の金利が0.12%もあって、
一般の銀行の6倍というのも大きな魅力です。 

そこで、カードを取得して、先月、実際に少しの買い物をして
1万5000円ほどオートチャージしてみました。

そして、次の日からポイントが付与されているか
ネット上の照会サービスであるWAONネットステーションで
確認をしてみました。だけど、何も記載がありません。

来る日も来る日も反映されないので、
そもそもこの情報は正しいのか、正しいとしても
終了した特典ではないかと不安になりました。

けれど、ネットを探しに探しまくって
以下のような公式情報がやっと見つかりました。



しかし、いつ反映されるかはやはり不明。

またもや調べまくって唯一、
やっと見つけたのがYahoo!知恵袋の回答でした。


この情報を信じて、16日にWAONネットステーションで
確認しました。が、反映されず・・・。

そこで17日午前に再度確認しました。
すると、ようやく下記の通り、オートチャージした
1万5000円分のポイントである75ポイントが
お預かりポイントとして記載されていました。

翌月17日以降には確実に反映
といういことで良いのかな?

もう少し初心者にも分かりやすいように
情報を載せてくれませんかねえ。

waon.JPG

posted by しゅうたろう at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

サービス接遇検定から考察する「サービスの本質とは何か?」

サービス接遇検定という、
「サービスに対する考え方や行動の型などを学び、
おもてなしの心とかたちを育てましょう」という理念を掲げる
「ビジネス系検定」の1つである資格が存在します。


これは、主に社会人になる前の高校生や大学生、
社会人になりたての若者が受検する資格ですが、
しゅうたろうの職場でも取得を奨励されていたので
先日、14日に2級を受けてきました。


資格取得がしゅうたろうの趣味の1つですが、
これは難易度は高くなく、1級以外は簡単です。
もちろん、合格は間違いなしですが
受検の際の段取りでいくつか不満がありました。

まず、開始前に受付があり、受検票と身分証を照合するのですが
しゅうたろうが受けた会場である大学では教室内で受付をしていて、
通路や入り口に行列ができてとても窮屈であり、
あわせて、受検前に長いと10分近くも並ばなければならない状況を
つくっていることに不満が爆発しました。

また、受付は教室内で2箇所あったのですが、
教室内の前半の受検番号は前の方、後半の番号は後ろの方で
確認するというアナウンスが徹底されていないものだから、
間違った列に並ぶ人が続出。

それに身分証として健康保険証を示した人に
「写真付きの物は持っていないのですね?」と
質問して時間を使うのは何のため?
健康保険証も有効なんでしょ?
だったら無駄に時間を使わないでよ。

簡単な検定ではありますが、受検前の数十分というのは、
受検者にとっては最終確認をしたい大切な時間ですよね?
10人程度しか受けない検定ならともかく
1教室でも100人、しゅうたろうが受けた大学だけでも
推定200人の受検者がいるそこそこの人気資格。
これなら、各受検者に事前に手間暇をかけさせることにはなるけど、
申し込みの段階で写真を提出させ、受検中に試験官が
本人確認して回るようにすればよいのでは?
そうしている試験・検定のほうが圧倒的に多いですよ。

そして、受検後の対応。
開始から1時間経つと、残り40分あるけれども
希望者は退室できるルールでした。
想定通り簡単だったので、しゅうたろうは1時間経過の
アナウンスと共に席を立とうとしました。

すると、「入口側の列の人から1列ずつです」だと。
なぜ!? おそらく、列ごとにマークシートを受け取ったほうが
試験官としてはマークシートの管理がしやすいからでしょう。

でも、窓側から2番目の列であったしゅうたろうは、
やはり簡単な検定であるので退室者が多いため、
10分弱も待たされ、イライラしました。

最終的にマークシートを受検者番号順に並べるために
もし早く終わった受検者50人が平均3分待ったとしたら
150分の時間を奪ったということを理解しているのでしょうか?

ランダムに提出を受け付けた場合でも、試験官が残りの受検時間や
受検終了後の時間で正しく並び替えても30分はかからないでしょう。

他にも、「退室者はマークシートを机に置いたままにして退室する」
という方法でも、楽に管理できるのでは?
今回の検定では裏表に解答欄があったので、
残った人がカンニングできる可能性はあるけれども。

とにかく解答に自信がある受検者はとっとと帰りたいんですよ!


サービス接遇検定のサイトにはこういう説明があります。

「サービス接遇」ってなあに?

「サービス」とは「相手に満足を提供する」ということです。
相手が快適であると感じるような世話とか,
相手が感じがいいと思うような言葉遣いで接するとかのことです。
この,相手に満足を提供する行動を「接遇」といいます。


今まで受検したいくつかの検定の中で
その「サービス」を一番実践していないのが
サービス接遇検定ということが非常に残念でした。

posted by しゅうたろう at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・検定試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

松井、SKE48辞めるってよ

土曜日に開催されたAKB選抜総選挙の話題が
一段落したかと思える今日この頃でしたが、
AKB48の選抜の常連でもあったSKE48の松井玲奈さんが
卒業するという報道が電撃的になされました。

この総選挙に今年は不出馬だったのも
卒業を決めていたからかもしれませんね。

詳細は今日の深夜の
『AKB48のオールナイトニッポン』で
本人の口から語られるようです。

「鉄道BIG4」ならぬ「鉄道BIG5」への
移籍を願う声も少なくないようですが。。。

しゅうたろうは、多くの批判がありながらも
日本経済を動かしている今のAKB48グループの商魂
注目していましたが、この松井玲奈さんの卒業が
「支店」であるSKE48の衰退・崩壊につながりはしないかと
他人事ながら危惧してしまいます。

でも、グループ内から
人気のあるメンバーを移籍させればよいだけの話なのかな。

苦しくなったらなったで
ドキュメンタリーの好材料になりますからねえ、秋元先生。

posted by しゅうたろう at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。