2010年08月26日

8月19日(木)「アメトーーク!/ミナミの帝王芸人」の神無月さん。肝心なトコ間違ったら「高(たこ)う付きまっせ」

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング



先週の「アメトーーク!/ミナミの帝王芸人」。
竹内力さんをリスペクトしつつ、
『101回目のプロポーズ』や『北の国から』、瀧廉太郎の話題、
笑い飯・哲夫さん得意のモーグルの動作、そして神無月さんの
「パラグアイ戦でゴールキックを外した後の駒野選手のモノマネ」、と
『ミナミの帝王』の本筋に関係ないところで盛り上がる
相変わらずの悪ふざけ・脱線ぶりが心地良かったですね〜。

うん? ゴールキック? 神無月さん、PK(ペナルティーキック)ですよ
(ルール上では「ペナルティーマークからのキック」と称するらしい)。
テレビのテロップはちゃんと「PK外した駒野選手」となっていましたが。
営業で披露する時の説明、大丈夫かな? 誰か教えてあげてください。

posted by しゅうたろう at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アメトーーク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

世界でいちばん熱い夏

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング



今日、夕方、アパートに戻ると温度計が39.9度を表示していました
(後で確認すると39.9度が我が家の温度計の測定値の上限でした)。
この前の日曜日は、部屋の5ヶ所ある窓を全て開けて
扇風機をフル稼動させていたのに39.4度を記録しました。
つまり、アパートにエアコンを設置していないんです。
今までの夏はここまで暑くなかったので、
しゅうたろうは夏生まれのせいか、扇風機だけで堪えてこられました。
しかし今年はエアコン無しでは本当にダメかと・・・。

ただ、その前に、サーキュレーターを買ってみました。
扇風機の強力版です。
VORNADO(ボルネード)というアメリカの会社の物が評判が
良かったので、他社の類似品より高価なのに無理をして。
また、ギブアップしてエアコンを今後買うことがあったとしても、
サーキュレーターを併用すればエアコンの電気代を安くできるとのことで。
とりあえずはボルネードさまさまで、何とか生き延びています。

ところで、プリンセス・プリンセス(PRINCESS PRINCESS)の曲の
歌詞には、若者には意味がよく分からないけど魅惑的なカタカナ、が
けっこう使われていたように思います。
例えば『世界でいちばん熱い夏』では、
ステレオタイプ(紋切り型)」や「ジュブナイル(少年少女)」。
『Diamonds』では、「スカイスクレイバー(摩天楼)」。


 
posted by しゅうたろう at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

甲子園で終戦記念日の正午に黙祷しないとは・・・

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング



今年、第92回全国高校野球選手権では、
8月15日、終戦記念日恒例となっている、
正午のサイレンに合わせての甲子園球場での黙祷を、
12時時点が第2試合の準備の時間だったために行わず、
準備が終わった第2試合開始前の12時7分に遅らせて実施したそうです。

このことを後になって知ったしゅうたろうは、TVの甲子園中継の
サイレンが正午になっても鳴らないことにあたふたして、
慌てて日本武道館の中継にチャンネルを変えて黙祷したのでした。

大会本部の説明では、「大勢のファンが移動している時に黙祷で
動きを止めるのは事故が起きる可能性がある」とのことですが、
今まで試合を中断してでも実施していたのは、
正午という時刻(=玉音放送で終戦が宣言された時刻)に意味がある
からでしょう? それは甲子園球場に来ているほとんどの人も
知っているはずだから、数分前からアナウンスしていれば準備中でも
事故はほとんど起きないと思うのですが。

正午にこだわらないでよいのなら、今後は、試合中の、
攻撃や守りの流れを止めてまでの中断、すなわち試合結果まで
左右しかねないような中断をやめて、正午の後、
初めてスリーアウトになった後の、キリがいい時に黙祷をすべき、
という意見が出てきそうな気がします。


posted by しゅうたろう at 03:01| Comment(1) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

「A-Studio」のアシスタントはIMALUでなくても務まるまい

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング


「A- Studio」はTBS系列で金曜日の23時に放送されている
笑福亭鶴瓶さんがMCのトーク番組。
鶴瓶さんが事前にゲストの関係者に直接会いに行き、
ゲストの素顔をリサーチして、スタジオで深く掘り下げるという
形式が特徴で、欠かさず見ているわけではないですが、
見てしまうとついつい目が離せなくなる、鶴瓶さんの
嫌味のない人間味があふれる興味深い番組です。
鶴瓶さんが自分の足で情報を稼いで仕事に活かすのは
ずっと前からのポリシーだとは知っていましたが、
あの人柄だからこそ活用できる能力で、
他の人には簡単には真似できないことでしょう
(特にエンディングでの、その回のゲストの良さを振り返る
一人トークは他の人では「寒い」と捉えられる気がします)。

そんな番組のアシスタントが
ネット上では評価がすこぶる低いIMALUさん。
本人にはさして才能やルックスががないのに
明石家さんま・大竹しのぶの
親の七光り(あるいは2倍の14光り?)で
仕事を得ているという批判が大半です。
しゅうたろうには本当にタレント性が無いのか器量が悪いのか
判断しかねるのですが、ただ言えることは、
「A- Studio」では、初代アシスタントの小泉深雪さんも含めて、
アシスタントの出る幕はほとんど無いということです。

NHKの『鶴瓶の家族に乾杯』の司会を務めている
小野文惠(文恵)アナウンサーくらい飄々(ひょうひょう)とした
マイペースな女性なら何とかなるかもしれませんが。


 
posted by しゅうたろう at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。