2009年11月28日

ファミコンの原点、「マリオブラザーズ」の裏技の奥底にあるもの

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


今回の記事で語ろうとしているのは、1983年、TVゲーム機の
パイオニアたる「ファミリーコンピューター」と時をほぼ同じくして
発売されたソフト、「マリオブラザーズ」の裏技についてです。
1985年発売の、売上、面白さの点でマリオシリーズの金字塔であり、
裏技の宝石箱でもあった「スーパーマリオブラザーズ」については
まったく触れません。

21世紀の今、このゲームの裏技にどれほどの人が関心を
もつのか疑問ですが、とにもかくにも、当時この裏技を
しゅうたろうは偶然に発見し、『ファミコン通信』などの雑誌にも
見当たらず、周囲にも知る人がおらず、現在、インターネットを
見ても情報が無いようなので、ぜひ紹介したいと考えたのです。
もしご存知の方はメッセージを!

念のために説明すると、「マリオブラザーズ」とは、縦にも横にも
画面がスクロールしない、土管から出て来るカメ、カニ、ハエを
床の下から突き上げて気絶させ、気絶している間に蹴り落として倒す、
モーツァルトの『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』で始まるゲームです。

これが基本画面です。 ↓ ↓ ↓

mb01.jpg



このゲームの有名な裏技が、ジャンプして床に着地する寸前に
タイミングよくPAUSEボタンを押して一時停止し、再びPAUSEボタンを
押してプレイ画面に戻れば、マリオ(またはルイージ)が
半分だけ床に入る、「半身床抜け」する、というものです。

以下が、成功した画像です
(画像加工した物ですが)。 

この裏技の効果は、カメがマリオ(またはルイージ)に
ぶつかって来ても通り抜けて、ダメージを受けないというものです。
ただし、カメだけで、カニやハエがぶつかった場合は普通に
ダメージを受けてしまいます。
当時は、この程度の裏技で感動したり興奮したりしたものです。

ちなみにこの床抜けは一番下の地面だけでなく、1段目、2段目、
3段目でも可能で(この場合は全身が下へ抜ける)、さらに
マリオ(またはルイージ)だけでなく、カメなどの敵キャラに対しても
適用することができました。

地面でこの裏技をした場合の話に戻りますが、
裏技の際にPAUSEボタンを押し過ぎると、「半身床抜け」を越えて、
全身が床を抜けて、画面の下に消えてしまうことがあるのです。

こうなってしまうと、1人PLAYをしていた場合は、基本的には
どうすることもできずゲームを終了し、2人PLAYをしていた場合は
もう1人がその画面(PHASE)をクリアーしてくれれば次の画面から
普通に復活できることになるのです(1人PLAYの場合は、
前述したように敵キャラにも適用できるこの裏技で敵を「全身床抜け」
させれば、画面の見えない所でマリオ〔またはルイージ〕にぶつける
ことができて、通常の「死んだ」扱いになるので、キャラ数に残りが
あれば、画面上から新たにゲームに参加できます。ただし、
けっこう難しいです)。

この「全身床抜け」までは、この裏技を実践した人は経験あるでしょう。

mb01-2.jpg



しゅうたろうが発見したのはここからで、2人PLAY中に、まず、
先ほどの「全身床抜け」をマリオかルイージの片方が行います。
その床抜けする場所はマリオならルイージが死んだ場合に復活する
「台」が現れるのと垂直の位置、ルイージならマリオが死んだ場合に
復活する「台」が現れるのと垂直の位置でなければなりません。

今回は、ルイージが「全身床抜け」に成功したとします。
そうしたら、マリオはわざと敵にぶつかって死に、
下の画像のように「台」に乗って復活します。


「台」から離れてゲームに再び参加するためには、ジャンプしてもいいし、
横ボタンを押してそっと左右どちらかに降りてもいいのですが、
この裏技のためには真上にきっちりとジャンプします。

mb02-02.jpg



すると、(加工画像ですが)下の画像のように、
地面に穴が空くのです!!


穴が空く寸前には画面から消えたはずのルイージが、「台」から
ジャンプしたマリオに突かれたかのように画面下に一瞬姿を見せます。
マリオはマリオで天井で何か(つまりはルイージ)にぶつかった
みたいに落下時のスピードが普通の2倍くらいになります。
要するに、ルイージが穴を作ったようなものなのです。

最初にこの穴が現れた時は本当にびっくりしました。
しばらくボーっとして、やがて我に返り、この穴は何かの役に立つ
のだろうかと考えるゆとりが生まれました。そして恐る恐る
穴に近づいていくと、穴の手前で跳ね飛ばされました。
また、敵キャラが近づくと、床下から突き上げたのと同様の効果で
気絶させられることも分かりました。

まあ……、それだけの話なんですけど
( ̄∀ ̄*)

mb02.jpg



余談ですが、深夜をスカッとさせるストレス発散バラエティ、
『おねだり!!マスカット』(テレビ東京系)の一瞬のBGMとして、
「スーパーマリオブラザーズ」のマリオ(またはルイージ)が
ファイアボールを投げる効果音がよく使われていますよね〜。
ああ、「スーパーマリオブラザーズ」について語ってしまった……。

 
posted by しゅうたろう at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

エクセルの「行」と「列」を間違えないために、『A列車で行こう』

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


マイクロソフト「Windows7」の意外に好調な売行きにも
特に興味がなく、マイクロソフト社のここ数年の方針に否定的な
しゅうたろうですが、「Microsoft Excel」だけは評価しています。
ただ、ヴァージョン2007以降の「リボン」機能はどうしても
好きになれないですが。
ところで、「Windows7」の、マウスでウィンドウを最小化する
「Aeroシェイク」機能って、要ります?

とにかく、Officeソフトの中では、
ワープロソフト「Word」、
プレゼンテーションソフト「PowerPoint」、
データベースソフト「Access」、
が無くてもさほど困らないけど、表計算ソフト「Excel」が無いと
多くの人が困ることでしょう。何しろ、表計算のみならず、
Excelひとつで他のソフトの基本的な部分は
だいたい代替できちゃいますもんね。

と、偉そうなご託を並べてきましたが、しゅうたろうは
Excelの「行」(下方向に増える)と「列」(右方向に増える)が
ちゃんと覚えられず、仕事で人に説明する際などによく間違って
いました。もちろん、1、2、3……が下に増えていき、
A、B、C……が右に増えていく、というところまでは把握していましたが。
これは間違えない人にはバカみたいな話ですが、時間をかけて、
ようやく覚える方法を編み出しました。それが『A列車で行こう』



『A列車で行こう(Take the 'A' Train)』はジャズの
スタンダードナンバーの一つです。
同名のシミュレーションゲームもあるそうですね。
ジャズの方は映画『スウィングガールズ』(2004)でも演奏されて
いたので、ピンと来ない方も曲を聞けば思い出せるでしょう。

ちなみにこの映画は『のだめカンタービレ』の上野樹里さんだけでなく、
貫地谷しほりさん、本仮屋ユイカさんという珍しい苗字と、NHK朝ドラの
ヒロインという共通点をもつ女優も輩出している豊作映画なんですよね〜
(貫地谷さんが『ちりとてちん』、本仮屋さんが『ファイト』)。
それにしても本仮屋さんの眼鏡はよく似合っていました。

本題に戻りますが、『A列車で行こう』を思い出せれば、
タイトルの「A列」の部分から、「A」で始まり右に延びていく方が「列」だと
間違えないのです。「1列車で行こう」、「2列車で行こう」という
タイトルでは締まりが悪いですもんね。

もしもこんがらかっている人がいたら利用してください。


posted by しゅうたろう at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

『新春かくし芸大会』47年の歴史の幕引きは、堺正章さんの最高の「ひきぎわ」で飾ってほしい

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


フジテレビの正月の定番番組『新春かくし芸大会』が、
来年元日の放送で47年の歴史に幕を閉じるそうです。
開局50周年記念番組『新春かくし芸大会FOREVER』として、
約3時間の総集編を放送。そして、“ミスターかくし芸”・
堺正章さん等が集大成となる大技演目に挑むとのことです。

思うに、昔は歌なら歌、クイズならクイズ、コントならコント、といった
感じで、基本的に一つのジャンルに特化した番組が主流で、
『かくし芸大会』のような「総合バラエティ」は数えるほどしかなかった
ので、番組の意義を出演者も視聴者も感じていたのでしょうが、
現代では、ほとんどのバラエティがその名の通りバラエティに富んだ
内容で、『かくし芸大会』の稀少価値がなくなってしまったのでしょうね。

実際、しゅうたろうもここ数年はほとんど見ていませんでした。
ただ、終了と聞くと少し寂しい気もします。

この『かくし芸大会』で最も有名な芸は堺正章さんの
「テーブルクロス引き」ではないでしょうか。

記憶をたどると、披露したのは1992年。堺さんはその時点で既に
さまざまな個人芸をこなしていたので、何をすべきか悩み、その悩む
最中に過去の芸を随所で披露していきました。
そして、悩んで悩んで最後にテーブルクロスを引くという一連の
流れ全体が「かくし芸」で、タイトルが「ひきぎわ」だったのです。
もちろん、最後に見せる芸が一瞬で済んでしまうので時間を
稼がなければならないという要請があったのですが、「悩み」には
多分に本音も含まれていたと思います。

この「ひきぎわ」が印象的で、好感をもったので、以来、実生活で
引き際は美しくありたいと考えるようになったという意味で、
しゅうたろうには大きな芸でした。

後になって、この芸自体は特に難しくないと知ったし、
堺さんはそれからも個人芸を続けたのですが、それはさておき、
「引き際は美しく」というのは、しゅうたろうの人生の一つのポリシーで
あり続けました。これが人間関係や仕事の上で、プラスに働いたことも
マイナスに働いたこともあったのですが。

というわけで、堺さんは最後に中山秀征さん、恵俊彰さんと共に
トップシークレットの新しい演目に挑戦するらしいのですが、
出来れば「テーブルクロス引き」を再び見せて、美しく幕を下ろすことを
希望します。この番組の回数分の47回連続でテーブルクロスを
引いてもいいし、巨大なテーブルクロスを引いてもいいので。
まあ……、してくれないでしょうけど。

ところで、番組プロデューサーは、
「昭和から繋いできた偉大なる番組はさらなる進化を遂げ、
新たな展開を迎える予定です」と語っているんですか?
しゅうたろうが考える美しい引き際からはほど遠いですね〜。

 
posted by しゅうたろう at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

“好きなトーク番組”、『アメトーーク!』が2位以下を引き離し圧巻の1位!

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


ORICON STYLEの、「好きなトーク番組」アンケート
(2009年11月19日 10時00分)の結果、
1位に雨上がり決死隊司会の『アメトーーク!』が輝きました。
2位以下に圧倒的な差をつけてとのことですが、
どれくらいの差があったでしょうか。

10位までを見ると一番開始時刻が遅いのに、立派なものです。
『人志松本のすべらない話』は当初はド深夜だったけど、
今は原則ゴールデンタイムですからね。
ただ、ランキングの情報に『アメトーーク!』の時間帯が
23:45〜とありますが、23:15〜だと思うのですが。

お二人の感想も、何の挫折もなく第一線で活躍し続けてきた
わけではないだけに、世間の評価の移り変わりというものを
冷静によく分析できています。

宮迫さんの感想

「いやー1位は無いでしょ。『アメトーーク!』が1位なんて
危険です(笑)。今後は4位ぐらいを長くキープしたいです」。

蛍原さんの感想

「ホンマやな!大体、トーク番組なのに全然トークしてない回も
あるし(笑)。ほかの番組に申し訳ない気持ちになります」

それにしても、9位の『行列のできる法律相談所』は
トーク番組だったのですね?


posted by しゅうたろう at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アメトーーク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

タカアンドトシ司会の『フットンダ』で、ふっとんでいた『ボキャブラ天国』の無念がよみがえった

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


しゅうたろうはダジャレが好きで、日常でも使うし、このブログの
記事タイトルにもよく登場させています。上手いかどうかは
さて置き。
冷ややかな目を向けられることもあるけど、言葉遊びは笑いの
基本だし、頭の体操になるし、記憶すべきことを語呂合わせで
覚えることもできるので、やめられません。
だからなのか、ダジャレを扱うテレビ番組の情報をどこからか
自然と仕入れてきてしまいます。


その一つが、今年4月から日本テレビ系列で深夜に放送中の、
ダジャレを大喜利で競い合うタカアンドトシ司会の『フットンダ』。
番組内ではダジャレを「モジり」と称し、タカトシさんやゲストを
「モジリスト」と呼ぶそうです。

この番組で、アニメ『ドラゴンボール』の初期のオープニング曲
『魔訶不思議アドベンチャー!』の始めのフレーズ、
「つかもうぜ! DRAGONBALL」がお題になっていた
回が6月頃にあって、これに関する『ボキャブラ天国』での
悔しい思い出がよみがえってきました。


『ボキャブラ天国』シリーズ(司会・タモリさん他)は
1990年代に一時代を築いたダジャレ番組なんですが、
爆笑問題(不発の核弾頭)
ネプチューン(電光石火の三重殺〔トリプルプレイ〕)
海砂利水魚【現・くりぃむしちゅー】(邪悪なお兄さん)
といった、多くの「キャブラー」を輩出した記憶しかない人も
いるかもしれません。しかし番組の初期から中期を支えたのは
視聴者の投稿ネタ(まとめサイトあり)で、投稿者のほうは
「ボキャブラリスト」と呼ばれていました。

この番組の最盛期に、「大人のボキャ天」という
下ネタ解禁のコーナーがあり、しゅうたろうは上記の
「つかもうぜ! DRAGONBALL」をボキャブった自信作を
投稿しました。それが、
「使おうぜ! ほら、コンドーム

映像のイメージは、男女が交わりを始めようとするところに
孫悟空が筋斗雲に乗ってやって来て、ゴムを「ちゃんと使えよ」と
いう感じで渡して、去って行くというものです。

「ドラゴン」の部分を「「ほら コン」に替えるというのは
なかなか良いセンスだと、自画自賛しつつ葉書を送って、
採用される日を心待ちにしていたのですが、待てど暮らせど
日の目を見ることはありませんでした。投稿葉書が多すぎて、
スタッフが見逃したんじゃないかと、もう2、3回同じネタを
送りましたが、結果は変わりませんでした。


なので、『ドラゴンボール』というフジテレビの看板番組を下ネタに
使用するのは避けたのだろうと、自分を無理矢理納得させました。
ただ、これは単なる下ネタではなく、エイズ撲滅のスローガンにも
使用してほしいという願いも込めていたのですけどね。

ちなみに、『フットンダ』でのモジりは披露順に以下の通り。

はんにゃ・金田さん・・・「つかろうぜ! ドラム缶風呂!」
有吉弘行さん・・・「塚本が しらばっくれる」
タカさん・・・「帰化させろ!ダニエル・カール!!」
トシさん・・・「一般道で! ドラえもんがおる!」
オードリー・若林さん・・・「絶対いるぜ!! サンタクロース!!」
オードリー・春日さん・・・「塗りたくれ ボラギノール」
はんにゃ・川島さん・・・「ツチノコが パラパラ踊る」

……どーですか? 劣っていますか!?


なお、しゅうたろうは『ボキャブラ天国』に無念さを抱えては
いますが、一度、採用されたことはあります(ネタは秘密)。
採用されたのは、番組開始から間がない時期で競争率が低かったせいも
あったでしょうが、一応、審査員は全員「大玉」をつけてくれました。
また、その週の最優秀でも大ザブ賞(次点)でもなかったですが、
採用から5年くらい経った頃、『笑っていいとも!』の中で、
タモリさんが話の流れの中でしゅうたろうのネタを喋ってくださった、
すなわち覚えていてくださったことが、かろうじて救いとなっています。

 vocaten.jpg
ボキャ天・小座布団 
 
posted by しゅうたろう at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

マイクロソフト社の無料ウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


無料ウイルス対策ソフト
「Microsoft Security Essentials(MSE)」

が今年の9月30日にリリースされたと最近知りました。

セキュリティソフトとしてはフリーの「Avast!」や「AVG」を
使ってきたしゅうたろうですが、MSEは設定がシンプルで
特に何もすることがなく、かえって不安なくらいです。

でも有料版だった「Windows Live OneCare」より
検出技術レベルが高いということなので、信じて
使ってみようと思います。
ただ、もう少し呼びやすい、親しみやすいネーミングは
浮かばなかったんですかね。まあ、セキュリティソフト
全般に言えることでしょうか。


2009年11月19日 追記
posted by しゅうたろう at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

『アメトーーク!』/「思い付いた事すぐ言いたい芸人」でアンタッチャブルの面目躍如を見た

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


11月12日(木)の『アメトーーク!』のくくりは
「思いついたコトすぐ言いたい芸人」で、しゅうたろうが
こよなく愛するアンタッチャブルも出演していました。

非吉本芸人としての扱いの意味合いからか、
途中からの「参戦」でしたが、観客の声援がすごかったですね。
ここ数ヶ月でまた人気を上げました?
アンタの二人は非吉本、非関西ながら、手数と質で全然
負けていませんでしたね。

無茶な企画を放送してしまう『アメトーーク!』の中でも
群を抜いて冒険度の高い“瞬間的な言葉の連想バトル”。
系統としては「ひな壇芸人」や「ガヤ芸人」ですが、
瞬発力や表現力の要求レベルがかなり高いですよね。
とにかく、しゅうたろうもタイプ的には同類なので充分に
堪能できました(ただし、“心の中だけで”言うことが多いけど)。

改めて思ったのは、山崎さんはボケだけでなくツッコミの
切れ味も鋭いので、破壊力が他の芸人より強いのだな、と。
正確に言えば、ボケながらツッコんだり、ツッコみながらボケたりと
いう高等技術が出来る、つまり賢いんですよね。
自分では「記憶力が悪い」と言いながらも、『Qさま!!』の
「プレッシャーSTUDY」ではインテリ芸人ですからね。

10月29日の「持ち込み企画プレゼンSP」第8弾で東野さんが
山崎邦正さんとの「山崎決定戦」をしてほしいと言っていましたが、
現状では邦正さんに勝ち目がないでしょうね。
まあ、『アメトーーク!』ならグダグダな感じで引き分けに終わる
展開もありうるけど。(o ̄∇ ̄)ノ

とにかく、また来週の「人見知り芸人」の回では、真逆の存在として
「講師」で登場するようで、楽しみです!


posted by しゅうたろう at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アメトーーク! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

「ファッションセンターしまむら」購入は隠したい?

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


しゅうたろうは男としては服が好きで、(安い)服をたくさん
持っているので、購入先として「UNIQLO」と価格の安さを競う
「ファッションセンターしまむら」は、大事な候補の一つです。

益若つばささんのような若い世代に影響力のある
ファッションリーダーもアレンジして着こなしているそうです。
柄のバリエーションはけっこう多いですからね。

「しまむら」は安いけれど「ユニクロ」と違って自社ブランドが
無く、「しまむら」で購入したことがタグからは分からないのが
良い、と少し前まで思っていたのですが、勘違いでした。

「VILLAND」(ビランド)というちゃんとしたオリジナル
ブランドがあったのですね。

由来は、「島村」を逆にして英語にした
「village(村)」+「land(島)」=「villand」だそうで、
確かに店内はこれの割合が多いですよね。

でもなかなかオシャレな(?)ネーミングで、知っている人が
見ても一瞬では判別できないような気がします。
まあ、そこまで必死にバレるのを嫌がることもないでしょうが。


posted by しゅうたろう at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お店・施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

「おねマス」のDVD発売をほめマス!

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


深夜をスカッとさせるストレス発散バラエティ番組
『おねだり!!マスカット(テレビ東京)。

『おねがい!マスカット』時代から数えると
1年半以上の長きにわたって、「賞味期限」を不安に
感じながらも、手を変え品を変え、毎回ほぼスカットする
内容を提供し続けてくれています。
面白い場面では、プロレス会場でしか聞けないと思っていた
「重低音ストンピング攻撃」が起こり、出演者が本気で
楽しんでいることがうかがえます。
芸能人の中にもファンが多いそうですね。
個人的には西野翔さんから目が離せない。

この番組のDVDが、ついに12月に発売されます。
しゅうたろうは、この番組は、需要があるかないかに関わらず、
DVD化はないと思っていたんです。
なぜなら、番組内で音楽、特に洋楽を多用しているので、
使用料が高くて、ソフト化が難しいのではないか、と。

まあ、洋楽を使ったコーナーを除外したり、音楽を変えて
編集すればいいだけの話かもしれませんが、それはそれで
面白い場面が埋もれたり、面白さが半減したりしてしまうことに
なりかねないですからねえ。

「権利関係」に詳しいあっきー(吉沢明歩さん)が
何とかしてくれたのかなあ?

ところで、1期生の藤浦めぐさんが、女優の貫地谷しほりさんに
見えてしょうがないのですが、しゅうたろうだけでしょうか
(みひろさんが似ているという声は少し見かけたけど)。
もっと言えば、似ているだけでなく藤浦さんの方がかわいい。
これと同じ意見を、ネット上では見かけなかったのですが、
何かタブーでもあるのでしょうか?


posted by しゅうたろう at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

『小公女』は子供たちに何を伝えたいのだろう?

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


フランシス・ホジソン・バーネット著『小公女』
(20世紀初頭発表)を原作とするドラマ『小公女セイラ』が、
現在、TBS土曜8時枠で放送されていますね。

志田未来さんの「ダイヤモンド・プリンセス」ぶりはなかなか見事
ですが(個人的には彼女の喋り方と声が好き。ただ天才子役の
例に漏れず、背が伸びないのが気になる)、大人になった
しゅうたろうの目線からは、少女たちのいざこざよりも、
樋口可南子さんや斉藤由貴さん、広岡由里子さんや
大和田伸也さんの大人ゾーンの狡猾な言動やテンションの
高い演技に目が行ってしまいます。

脚本は『彼女たちの時代』や『ちゅらさん』などの評価の高い
オリジナル作品を持つ岡田惠和さんですが、少女漫画を
原作とした『イグアナの娘』、『南くんの恋人』などにも実績が
ある方なので、前クールの『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の
低視聴率を引きずってはいるものの、それなりに見応えのある
ドラマを紡ぎ出してくれるのではないでしょうか。

余談ですが、第4話で、生徒たちが「ロミオとジュリエット」の
お芝居をした際に、映画『ロミオとジュリエット』(1968版)の
テーマ曲(作曲:ニーノ・ロータ)をBGMとして使用していた
のがツボでした。


とは言え、しゅうたろうの世代では『小公女』となると、
昭和60(1985)年に「ハウス世界名作劇場」(日曜7時30分)
に放送されたアニメ『小公女セーラ』で、この印象に勝ることは
ありえないのです。

歴代の名作劇場の視聴率を振り返ってみても、「セーラ」は
その前2、3年の人気のかげりを取り戻しており、一説では
この枠の延命に大きく貢献したと言われるくらいで、苦難に
くじけず前向きに生きるセーラの姿が、多くの人の心に
焼きついたことがうかがえます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「世界名作劇場」枠の平均視聴率
1975年/22.5%/フランダースの犬
1976年/21.3%/母をたずねて三千里
1977年/21.6%/あらいぐまラスカル
1978年/16.9%/ペリーヌ物語
1979年/16.2%/赤毛のアン
1980年/15.5%/トム・ソーヤーの冒険
1981年/18.8%/ふしぎな島のフローネ
1982年/14.7%/南の虹のルーシー
1983年/13.1%/わたしのアンネット
1984年/11.9%/牧場の少女カトリ
1985年/16.3%/小公女セーラ
1986年/17.5%/愛少女ポリアンナ物語
1987年/14.9%/愛の若草物語
1988年/12.3%/小公子セディ
1989年/13.9%/ピーターパンの冒険
1990年/16.2%/私のあしながおじさん
1991年/14.8%/トラップ一家物語
1992年/13.5%/ブッシュベイビー
1993年/15.0%/ナンとジョー先生
1994年/13.0%/七つの海のティコ
1995年/10.4%/ロミオの青い空
1996年/ 8.9%/名犬ラッシー(※96年8月終了)
1997年/ 8.5%/家なき子レミ(※96年9月〜97年3月)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

しかし、このアニメを大きくなってからBSの再放送で見る
機会があったのですが、ふと疑問に思いました。

「最後、セーラが裕福な環境に戻れたのは、単に父親の
遺産があったからで、セーラが使用人として頑張ったこと
との因果関係がないのではないか?」と。

つまり、「運が良かっただけではないか」と。


さらに、動機は何であれ、「遺産相続人のセーラを探しやすい学院に、
雨風しのげる学院に、食事のある学院に、
放り出さずに置いておいてくれたミンチン院長に
感謝すべきではないか」と。

それともう一つ気づいた点は、院長や生徒や先輩使用人に
ひどい扱いを受けたこともあったが、多くはセーラが
プリンセスのプライドを捨てきれず、相手の導火線に火を
つけるような反論をしたために怒らせていたのではないか、と。
「いじめはいじめられる方にも問題がある」とは言いたくない
ですが、セーラが立場をわきまえていればもっと平穏に
暮らせたように見受けられました。

児童文学に必ずしも教訓が必要だとは思いませんが、
あの内容は教訓がなければならない類(たぐい)のものでは
ないでしょうか。なのに、メインテーマが何か分からないのです。

その点、「セーラ」に比べて、この前年放送の
『牧場の少女カトリ』は、
ご覧の通りの低視聴率でしたが、カトリの頑張りと
環境の変化(=良くなる)に因果関係がはっきりとあるという点で、
子供たちに推薦したい作品です。
Wikipediaに「世界名作劇場史上、カトリは最も働き者」と
記述されていますが、なかなか良い指摘だと賛同しました。

カトリの生き様もですが、それを丁寧に淡々と描いたスタッフにも
敬服します。また音楽も良くて、エンディング曲の「風の子守歌」
(歌:小林千絵さん)は屈指の名曲だし、舞台であるフィンランドの
国民的作曲家・シベリウスの交響詩「フィンランディア」や
「カレリア組曲」といったクラシックも効果的に使用していました。

ただ、看護婦を目指していたはずのカトリが、最終回の最後の
ナレーションで、「カトリは大人になって作家になりました」って
聞いた時は、「えーっ!!」って叫んじゃいましたけど。


posted by しゅうたろう at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

ベルリンの壁とゆとり教育の壁

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


ベルリンの壁崩壊から20年も経つのですね。
月日はあまりにも早く流れていくものです。
地元では、この20年を振り返って、壁が崩壊して良かった
という声ばかりでもないそうで、意外でした。

この壁についての有名な誤解が、
「ベルリンの壁は東ドイツと西ドイツの国境にあった」
というものでしょう。

このサイトの地図と説明を見れば分かるように、
壁は、東ドイツのほぼ中心部にあるベルリンという都市の中にあり、
その壁は東ベルリンとの境にあるだけでなく、
西ベルリンをぐるりと取り囲んでいたのです。
つまり、東ドイツ(社会主義)という国の中の離れ小島的存在として
西ベルリン(民主主義)という都市があったのですね。

歴史の授業が嫌いではなかったしゅうたろうも、これをちゃんと
認識したのが二十歳を超えてからで、歴史上のマニアックな情報
ならともかく、有名な史実を知らない、おそらく学校でちゃんと
教えてもらっていない状況はどうなんだ、と悲しくなりました。

「ゆとり教育」、「ゆとり世代」という言葉は
21世紀になって定着しましたが、ゆとりの方針自体は30年以上も
前から始まっていたらしく、ならばこれも「ゆとり教育」の弊害の
一つではないかと考えてしまいます。
地図を見せて説明すれば簡単に理解させられることだと思うのですが。

地図と言えば、
津川博義(著)『世界初 地図記憶法―あなたも記憶の天才!』という
本が気になっていて、近々ポイントサイト(お小遣いサイト)から
もらえる予定のAmazonギフト券が届いたら、Amazonで
購入する予定です。


posted by しゅうたろう at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

HDDの健康状態を手軽にチェックできる、Windows Vista対応のフリーソフト「CrystalDiskInfo」

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング


HDD(ハードディスクドライブ)の状態を診断できるフリーソフトで、
日本語対応で、Vistaで使用できるものを寡聞にして知らなかった
のですが、フリーソフトを紹介してくれるメルマガから、ようやく
出会えました(有名と思われる「HDD Health」はしゅうたろうの
Vistaでは適切に機能してくれなかった)。

CrystalDiskInfo

とても見やすい表示で、初心者にもすぐに使用できて、
機能も上級者にも満足してもらえそうな幅広さです。
オススメします! ですが使用は自己責任で。

【主な特徴】
・一部の USB/IEEE 1394 接続の外付けディスクに対応
・ディスクの詳細情報や健康状態の表示
・S.M.A.R.T. 情報のグラフ化機能
・AAM および APM の設定変更機能
・スタートアップ登録機能 (UAC 対応)
・イベントログ対応
・常駐機能
・健康状態の変化や高温時の警報 (常駐時)
・ディスクごとの温度アイコン (常駐時) ……etc.


posted by しゅうたろう at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

デジカメに1000万画素はいらない?

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


たくき よしみつ(著)
『デジカメに1000万画素はいらない』(講談社現代新書)
2008年10月発売


なかなかセンセーショナルなタイトルの本です。
売上も新書としてはベストセラーの4、5万部を記録しているそうで。
しゅうたろうも古本屋で見かけて衝動買いしてしまいました。

画素数は多いなら多いに越したことはないのではないか、という
考えを、著者のたくき氏は「色の階調が浅くなる」などと否定します。

Amazonの評価では、たくき氏を支持するものがある一方で、
考えが古い、専門家じゃない人の浅知恵(たくき氏は歌手・小説家
といった経歴をもつ方で、カメラは趣味の延長らしい)などと否定
するものもあります。

家電やPC関係は一般の人でも詳しい人はとことん詳しく、とりわけ
カメラにはこだわりをもつ人が多いので、反論もあるのでしょうね。
コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)1台で満足している素人の
しゅうたろうには、本の内容に
どれだけ誤りや不足があるのかよく
分かりませんが、朝日新聞に80回も連載してきた実績がある
のだから、それなりに読む価値はあると思います(権威に弱い?)。
初心者としては、手ブレ防止に首から掛けるネックストラップが
役立つということや構図の考え方だけでも、とても有意義でした。



ところで、最近は女性の間にもカメラが流行っているらしく、先日の
ニュースでは「カメラ女子」とオシャレな感じに採り上げられて
いました。特に人気があるのが小型・軽量化、操作の簡易化、
低価格化が進んできた「デジタル一眼カメラ(デジ一眼)」。

ただ、これらを一律に「デジタル一眼レフカメラ」と「レフ」付きで
紹介する傾向があるようで、先月8日の『アメトーーク!』SPの
「家電芸人」でも、レフの無いPanasonic社製の「DMC-GH1」を
一緒くたに「一眼レフ」と扱っていました。

余談ですが、「一緒くた」って「一緒くたん」と言うと思って
いませんでした? 「一緒くた」の「くた」の意味については
諸説あるようですが。

レフが有ると無いとではどんな違いがあるのか、先に述べた通り、
しゅうたろうは素人なので即答しかねますが、
こちらのサイトの「デジタル一眼だけど一眼レフじゃないカメラ」という
記事の解説が分かりやすいと感じました。

いずれにしても、カメラに詳しいはずのテレビ業界が
混同しているようでは、心配になってしまいますね。


posted by しゅうたろう at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

紫綬褒章受章を「棚から本マグロ」と表現した中島みゆきさん、次は「マグロの大トロ」の国民栄誉賞ですよ!

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


祝! 紫綬褒章受章!

しゅうたろうは1980年代後半の瀬尾一三さんプロデュース時代あたり
から多くの楽曲を聴き、みゆきさんにたくさんの力をもらってきました。

単に幅広い“時代”にわたって名曲を発表し続けただけでなく、
国語審議会委員も務めて国への貢献も大きいので、当然の受章
だと思います。

次に期待するのは、いよいよ国民栄誉賞です。
オリコンで
4つの年代にわたって週間シングルチャート1位を獲得した
唯一のアーティストであるみゆきさん。

1970年代:「わかれうた」(1977)
1980年代:「悪女」(1981)
1990年代:「空と君のあいだに」(1994)
1990年代:「旅人のうた」(1995)
2000年代:「地上の星」(2003 ※発売は2000年)

2010年代も達成したら文句なしでしょう。
そのためには、何らかのタイアップが必要だとは思いますが。

ちなみに一番好きな曲は……、ちょっと多すぎて選べないですね。

一番好きなアルバムなら、何とか選べます。
19thアルバム「歌でしか言えない」(
1991
20th
アルバムEAST ASIA」(1992)

ああ……、やっぱり1つには絞れない!

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

 歌手中島みゆき(57)が、芸術やスポーツ、学問で功績を
残した人に贈られる紫綬褒章を受章することになった。
政府は2009年秋の褒章受章者を2日付で発表。3日に発令される。
同受章者は678人(うち女性120人)と24団体で、
紫綬褒章は25人(うち女性2人)。作曲家久石譲氏(58)、
日本体操協会副会長の塚原光男氏(61)らも紫綬褒章を受章した。

紫綬褒章受章コメント
 思いがけずうれしいことの表現に「棚からぼたもち」と申しますが、
今の私の気持ちは、ぼたもちどころではございません。
「棚から本マグロ」。これくらいの驚きでございます。
 ふつう、何かをいただけそうな場合には、たちどころに受け取るのは
少々はしたないので、まあ2度くらいは辞退して、それでもとおっしゃるなら
ちょうだいするのが、日本人の奥ゆかしいマナーなのでございましょうが、
このたびのような褒章となりますと、到底「ふつう」ではないことですので、
辞退なんかしたら2度とこんな機会はないかもと思いまして、
即座に「いただきます!」と、お返事してしまいました。
 お世話になってきたたくさんの皆さまに、心から感謝申し上げ、
これを励みに、より一層、元気いっぱい歌い続けていきたいと思います。

【11月2日(月)11:44 日刊スポーツより

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

受章理由
「ニュアンス表現に富んだ語りかけるような声や
押し付けるような独特な力感に満ちた声を駆使して歌い分け、
個性的でありながら普遍性のあるドラマチックな歌唱表現」。

【11月2日7時20分配信 産経新聞より


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―



posted by しゅうたろう at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

「相対性速読理論」に対応した速読ソフトを作ってほしい

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


本を速く読むための技術、「速読術」

多くの方が身に付けられるものなら身に付けたいと
考えているでしょうが、しゅうたろうは小学生の頃から
独学で断続的に訓練するも、あまり成果は得られません
でした。特に「頭の中で音読しない」というルールは
出来そうで出来ない。

速読には様々な流派があり、その方針(斜め読みなどの
テクニック重視か、一文字も漏らさずちゃんと読むか)も、
目標(1分間で何文字読むか)もピンからキリまであります。

いずれにせよ継続的な訓練が必要で、独学ではなかなか
続かないし、スクールなどに大金は使いたくないしという
ジレンマを続けていました。

そんな時、あるきっかけから訓練なしで速読できる方法を
思い付きました。一般の速度の何十倍とはいきませんが、
苦労いらずで実践できるので悪くはないでしょう。ただし、
実際の印刷された「本」では実践できません。文字の
電子化の普及が欠かせません。

果たしてしゅうたろうが初めて考案したと言えるか、
自信は
ないですが、これを実現したパソコンソフトを知りません。
誰の考案でもいいから、とにかく誰かに作ってほしいのです。


内容はシンプルです。


1.任意のテキスト情報をソフトに取り込める(これは既に可能)。

2.そのテキスト情報が横スクロールか縦スクロールで読める。
※速度調整は自由にできるようにしてほしい。

3.そのスクロールの背景に、文字の動く方向とは逆方向に動く
画像なり動画なりを見せる。文字が右から左に流れるのなら、
背景は左から右に流れる。文字が下から上に流れるのなら、
背景は上から下に流れる。


後は文字を普通に目で追えば、速読が可能になります。

ひらめいたきっかけは、テレビでスタッフロールを見ていて、
一定の速度のはずなのに、背景が文字と逆方向に動く時は
ゆっくりに感じる、逆に同じ方向に動く時は速く感じる、と認識
したことでした。
特に最近のバラエティ番組はやたらとスタッフロールが速いので
よく実感できると思います。そういった場面が今すぐに
見付からない方は、目の前で手を左右(あるいは上下)に振って
画面を見てみてください。実感できると思います。
科学的にどのようなメカニズムかは分かりかねますが。

これをアインシュタイン先生の理論の名を借りて、直接中身は
関係ないですが、「相対性速読理論」と名付けました。
文字と背景の相対的な動きによって速読できるという意味で。

この理論を使えば、いつも自分が読める速さの限度と
思っている速さの何倍かまでは、「頭の中で音読しても」対応
できるはずなのです、訓練不要で。

しかし、ここまで熱弁してきて、全然目新しくないアイデアだったら、
恥ずかしいな〜。



posted by しゅうたろう at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

鈴木明子選手の復活を支えた荒川静香さんデザインの衣装

よろしければクリックを! → FC2&シーサーブログランキング 


先のフィギュアスケート・グランプリシリーズ中国大会。

他の主力選手の低迷があったとはいえ、摂食障害などの苦難を
乗り越えての鈴木明子選手の優勝には胸を打つものがありました。

それで、FS(フリースケーティング)の衣装をデザインしたのが
テレビ朝日中継の解説を務めていた荒川静香さん。
解説にもちょっと思い入れと言うか肩入れが感じ取れましたね。

実はそのことを演技の最中に聞くまで、
白いジャケットと赤を基調としたスカートの組み合わせは、
失礼ながら、他の選手に比べて何か特徴のない衣装だなーと
思っていたんですが、現金なもので、それを聞いてイメージが
一転してしまいました。
確かに、競技のフィギュアとしては女子では珍しいジャケットは
アリかもしれない! といったふうに。

デザインが有償なのか無償なのか分かりませんが、荒川さんは
現役時代は自身の衣装のデザインもしていたそうなので、
審査員に訴えるポイントを熟知した心強いデザイナーですよね。

衣装と言えば気になるのが中野友加里選手の「火の鳥」の衣装。
全身タイツ(スーツ?)という物なのでしょうか、曲のイメージには
とても合った情熱的なものですが、審査員や観客にプラスに
作用しているのかと心配になりました。
固定観念ですが、女子にはスカートが必要なのではないかと。
また、中野選手は、と言うか多くの日本人は欧米人に比べて
顔が大きいので、全身タイツだとそれが強調されてしまって、
見映えが悪くなりはしないかと。
中野選手はせっかく美人なのに勿体ない気がしてなりません。

フィギュア(姿)とは、
ジャンプ、ステップ、スピンなどの
フィギュアのことだとは思うのですが、顔やスタイルといった
フィギュアも無関係ではないでしょう。ならば、少しでも良い
衣装や化粧、髪型で審査員にアピールすべきではないでしょうか。


それはさておき、鈴木選手も出て来て、日本女子は本当に
層が厚いですね(男子もですね、はい)。しかし現時点では
点数では韓国のキム・ヨナ
選手に合計で30点〜40点も
及ばない状態。
しゅうたろうはフィギュアスケートはちゃんとした採点方法も知らず、
アクセル以外のジャンプの見分けもできない素人ですが、
男子と競っても表彰台に上がれそうな得点の連発は
不思議で
なりません。


ネット上に溢れるキム・ヨナ選手批判の情報に左右された
わけではないですが、日本以外の選手もあれを妥当な
得点だと思っているのでしょうか。
例えば長くトップに君臨したイリーナ・スルツカヤさんは
いつもこんな大差で優勝していたのですか?

フィギュアスケートの面白さは、トップ選手でもよっぽど調子が
良くない限り高い得点が出ないことだと考えているのですが、
今の雰囲気ではキム・ヨナ選手は調子が悪くても185点を
下回る得点が出るような気がしません。つまり、今シーズンの
多くの選手のペストより上です。

もちろん、オリンピックまではまだ期間があるので、
浅田真央選手のスランプ脱出を期待できなくはないのですが、
それでも190点超えが精一杯のようにも思えて……。
かと言ってキム・ヨナ選手の不調を願うのもどうかと思うし。

posted by しゅうたろう at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。